HOME >  復縁するために持っておきたい心構え >  女性編

女性編

このページでは、元カレと復縁するために必要な心構えを紹介していきます。

元カレと復縁するために気をつけたいNG行動

大好きだった彼を取り戻したい…。そんな思いにとらわれると、行動がなりふり構わなくなる場合があります。でも下記のような行動は、絶対にNG!復縁どころか、永遠にサヨナラされてしまいます。

  1. 復縁希望女性イメージメールや電話をしつこくする
  2. セックスで相手をつなごうとする
  3. お金や物で相手をつなごうとする
  4. うつや自殺を切り札にする

1…「もう一度かまって欲しい、話し合いたい」。そんな思いから、何度も電話をかけてしまうことがあります。相手の都合などお構いなしにメールを送ってしまう習慣がついている人も。でもこうした行動が許されるのは、つき合いがうまくいっている間だけ。一度別れたが最後、ただの迷惑と捉えられかねません。最悪の場合、受信拒否されてしまいます。

彼の心に響くメールや電話連絡には、タイミングやコツが必要。言葉も慎重に選ばなくてはなりません。「自分ではどうしたらいいかわからない」という人は、これらのテクニックを復縁のプロから学ぶと良いでしょう。

>>無料相談アリ!復縁のプロを比較しています

2・3…「女の武器」を使うような気持ちで、別れた後も体の関係をズルズルと続けてはいけません。セックスの間は大事にされているように感じられても、相手にとっては、タダの「都合のいい女」。わざわざ恋人として付き合う必要がないと判断されてしまいます。お金や物で相手の歓心を得ようとするのも、もちろん賛成できません。

上記のように中途半端な関係の果てに、彼が新しい恋人を見つけたら、もう最悪…。身も心も傷ついた状態で、お払い箱にされてしまうのです。

4…女性は「あなたのせいで、私はこんなに傷ついているの」という”か弱さ”アピールをしたがる傾向がありますが、これが功を奏するのは、恋愛がうまく行っている間だけ。別れた後では、ただの「面倒くさい女」にしか映りません。同情心は復縁のスパイスにならないのです。

うつや自殺など、過剰にドラマティックな要素をチラつかせるのは論外です。こうしたアプローチが彼に与えるのは恐怖心のみ。恋愛するうえで逆効果なのは、言うまでもありません。

いかがですか?1つでも思い当たる行動があったら、要注意。自ら復縁の可能性を棒に振っている可能性があります。焦りやすい性格を自覚している人は、冷静な判断ができるようになるまで、復縁のプロのアドバイスに従って行動するのが、ベストだと思います。

復縁したいと思わせるよう、自分を磨く

男性に復縁を考えてもらうためには、どんな条件が必要なのでしょう?それには「アイツと別れたのは、失敗だった」と思ってもらう必要があります。

  • 外面…自分がつき合っていた時より、ぐっとキレイになった元カノと再会した
  • 内面…再会した元彼女と話をしたら、現在の彼女よりずっと自分を理解してくれると感じられた

上記のような出来事があった場合、男性の心は復縁に前向きとなる傾向があるようです。

本当に彼を取り戻したいなら、ズルズルとすがりつかず、距離を置くのが、意外に早道なのかもしれません。そして彼といつ再会してもいいように、外面/内面磨きに励みましょう。こうした努力を怠らないことで、元彼より魅力的な男性との出会える可能性だって、大いに高まるんですから!

とはいえ「どうしても元彼が忘れられない」という場合は、一般論ではなく、彼の個性に合わせたアプローチを行うのが、最も効果的。こうした場合はやはり、復縁のプロに相談し、傾向と対策を考えるべきだと思います。